Blackberryな毎日

スマートフォンとかカメラとか

2010年前半の米国スマートフォン市場でBlackBerryのシェアが低下

   

アメリカの調査会社Nielsenのレポートによると、2010年前半で最も売れたスマートフォンはAndroidだったそうです。

 

BlackBerryは販売では伸び悩んだものの、シェア率ではかろうじて1位を保っています。

 

blacberry-2010-share.jpg

 

 

 

下のグラフを見ると、ブラックベリーのは8月時のポイントは31%と1月のから5%も下がっています。

iPhoneは4が発売され勢い付きましたが、20%台後半を保っており大きな変動はありません。

上記2機種に比べて、Androidは1月のポイント8%から、19%へと大成長を遂げています。

 

現在の日本では、ソニーエリクソン・シャープ・東芝・HTC・サムスンの5社がAndroid端末を発売していますが、各社から意欲的な新作がどんどん発表されています。単独で奮闘するRIM・APPLEと、有力メーカーが多数寄り添うGoogle Androidが対決する形となっていますが、スマートフォンの裾野が広がるほど機種が多様なAndroidが優位なのかもしれません。

ちなみに、日本では2009年実績でiPhoneがダントツの一位でした。今年はAndroidがどれくらい伸びたのか気になるところです。でも、肝心のBlackBerryはシェア率5%前後です。。

 

確かに周りを見渡してもユーザー数は相変わらず少ないです。
でも、そんな希少性もひそかに嬉しい今日この頃です。

 

 

元記事はこちら

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1010/06/news015.html

 - 未分類 , , , , , , ,