Blackberryな毎日

スマートフォンとかカメラとか

ブラックベリーとの出会い

   

とある会議にて、大幅に時間がずれこみ、

皆の苛立ちが見え隠れし始めたとき、

先方のボスが席を外しました。

 

その直後、横に座っていた担当者が黒い塊を取り出し、

おもむろに両手で持つと、2本の親指を忙しく動かし始めたのです。

 

僕の目が光り、手元に視線を奪われた瞬間 音がなり、

塊は大きな手で握り直され、耳へと向かいました。

 

 

どうやら携帯らしい・・・。

 

 

通話終了後は、周囲のこともお構いなしといった雰囲気で

再び親指が忙しく働き始め、

ボスが戻った途端に、塊もポケットへと帰って行きました。

 

 

僕とブラックベリーの衝撃的な出会いは、

先方の担当者が会議中にゲームをしていたという、

外国人の大胆不敵さを思い知らされる、

とても忘れられない出来事から始まったのでした。

 

 

PCの前へ戻った僕は、直ちに塊の正体を調べました。

そこで判明したことは、

 

  ■ブラックベリーという端末

  ■欧米で大人気

  ■国内ではドコモが法人専用で扱っている

 

以前から名前は知っていたのですが、

実物を見てしまったため、どうしても欲しくなりました。

 

しかし、会社で専用サービスを契約できるわけもなく、

流通している白ロムでは不安があったため、

泣く泣く購入をあきらめたのです。

 

 

しばらく時がたち、世間がiPhoneに浮かれていた頃、

ドコモよりひっそりと個人向け販売開始がアナウンスされ、

「時、来たれりっ!」と発売早々に入手した僕がいました。

 

 

それから、悪戦苦闘の毎日が始まるのです。

 

 

 - 未分類 , , ,