Blackberryな毎日

スマートフォンとかカメラとか

RIMの投資格付けが下げられた

      2016/03/10

先日、米国の投資銀行Gleacher & Companyが、In Motion(RIM)の投資判断を「Buy」から「Neutral」に引き下げました。

スマートフォンの出荷台数が伸びる中で、BlackBerryのシェアは徐々に下がっています。
Gleacher & Companyでは、今後スマートフォンは成長するが普及価格帯の期首が増えると予測しており、更にアップルとAndroidが大きなシェアを獲得するとしています。BlackBerryのユーザーは増えつつも、他社と比べると鈍化するとの考えです。
http://eetimes.jp/news/4457

 

rim-stock-price-1.jpg

 

 

 

確かにAppleとGoogleには勢いがあり、特にAndroidは驚異的な成長をとげています。
そこで、BlackBerryとAndroidとiPhoneをどう比べようかと考えてみたのですが、とりあえず会社自体の株価を並べてみました。

本日の株価は、
 RIM:59.18 USD
 Google:590.30 USD
 Apple:320.36 USD

時価総額も比べてみると、
 RIM:310億 USD
 Google:2,939億 USD
 Apple:1,887億 USD

 

株価も時価総額も、RIMの5-10倍の金額になっており、規模で比べるとRIMは小さいようです。

 

こんな数字を言われても感覚的に難しいので、代表的な日本企業の時価総額を参考とするとこうなります。

 TOYOTA:1,231億 USD
 NINTENDO:360億 USD

 

RIMも含めて、この3社がどれだけ大きいのかよく解ります。
そして、格付けを下げられたことの意味も伝わってきます。

 

 

ついでに過去一年のチャートも並べてみました。

RIMとGoogleは似た動きをしていますが、AppleはiPhone&iPadパワーで延びる一方です。

RIMは、Torch9800とPlaybookでどこまで延びるかが肝心です。

rim-stock-price.jpg

 

 

 

 

ちなみに、BlackBerryは新たにアフリカ地域での流通が始まるとのニュースがありました。
http://www.rbbtoday.com/article/2010/12/13/72801.html

以前TVで見たのですが、アフリカはほとんどが中国の山塞(ニセモノ)携帯だそうで、正規品がどれだけ流通するか気になるところですが、格付けなんて気にせずに頑張ってもらいたいところです。

 - 未分類 , , ,