Blackberryな毎日

スマートフォンとかカメラとか

Snapdragon搭載の高性能スマートフォンが続々登場の予感

      2016/10/24

先日東芝が発表した「TG01」は、

Qualcomm社のSnapdragonプロセッサを搭載した

スマートフォンとして話題を集めました。 

quakcomm.jpgクアルコムのSnapdragonプロセッサは何がすごいかというと、

  ●プロセッサScorpionが1GHzオーバーで動作

  ●600MHz動作のDSP

  ●GPS

  ●豊富な通信機能

  ●モバイルTV

  ●HDビデオの録画/再生

  ●WXGA(1280 x 768)の最大解像度

  ●3Dハードウェア・グラフィック・アクセラレータ(AMD製)

  ●きわめて低い消費電力

  ●多数のOSに対応(WindowsMobile、Linux,BREW他)

 

 などなど、多数の機能を兼ねそろえた

統合チップセットであることです。

なんと言っても一番重要なのは、消費電力でしょうか。

 

最近のポケットPCもインテルのatomなど、

同様の機能を搭載したチップセットを採用していますよね。

 

そんな素晴らしい、Snapdragonプロセッサなので

他のメーカーが黙っているわけ無いと思っていたのですが、

やはり各社開発中のようで、2009年第2四半期に続々登場の噂があります。

 

東芝の次に名乗りを上げたのは、台湾のHTC社です。

記事はこちら↓↓

HTC to launch Qualcomm Snapdragon-based mobile devices in 2Q09

 

Snapdragonプロセッサの採用メーカには、東芝・HTCの他にも

Acer、ASUS、C-motech、Compal、FIH、Inventec社、

LG、Quanta Computer Incorporated、Samsung、Wistron Corporation

なんて名だたる企業がゴロゴロしています。

 ※ソースはクアルコムプレスリリースより

 

ところで、ブラックベリーは何のプロセッサか調べてみました。

その結果、

  ●ブラックベリー8707h・・・Intel XA901 312MHz

  ●ブラックベリーボールド・・・Marvell PXA930 624MHz

  ●ブラックベリーストーム・・・QUALCOMM MSM7600 最大1GHz

 

うーん・・・・。

やっぱり、一世代遅れは否めません・・・。 

 - スマートフォン・携帯情報 , , , , , , , ,